コラム・ブログ

column

ニュース&ブログ,パーソナルブランディング 2018.09.13

主体的に働く人財育成とは

企業の方に「現在の課題はなんですか?」とお伺いすると、「人材育成」や「人材不足」という言葉がよく出てくる。

スキルアップの研修とかも大切なんだけど、一番大切なのはマインドアップ。

人は育てようとしてもダメで、自分で学ぼうとするようにスイッチを押してあげる事が一番重要。

会社として従業員教育をするならば、ここに意識を向けて欲しい。

一生懸命教え込もうとしても、なかなか人は育たない。

自走するスイッチを押せる中間管理職を育成する事が全体の底上げに繋がる。

じゃ、スイッチって何処にあるのか?、それを突き詰めると「1人1人の人生のミッション(使命)は何か?」って事。

つまり従業員1人1人がこの世で生きて行く上で自分のミッション(使命)が何かを認識させる事が出来れば、人は急速に自走する。

むしろ動きたくてたまらなくなる。

人生のミッション(使命)となると壮大過ぎてイメージが付かないかもしれないけど、それを原点にして「仕事を通じて出来る自分のミッション(使命)は何か?」に落とし込んでいく。

それをしっかりと認識した時、必ず人は自走するのだから。

これがパーソナルブランド研修。

関連記事

お問合わせ

Contact

どうぞ、お気軽にご相談ください。

サービスに関してのご相談・お申込みはこちらのメールフォームよりお送り下さい。
そもそも、パーソナルブランディングって何?といった質問などもお気軽にお問合わせください。

メールフォームへ

株式会社 ギフト・ブランディング
代表取締役 藤井 太一