コラム・ブログ

column

ニュース&ブログ,パーソナルブランディング 2018.05.01

装いが与える影響

ネット上や本にも書かれている事ですが、あえてこちらでもお伝えしたいと思います。
装いが与える影響は大きく二つに分ける事が出来ます。

1つは「他人に与える影響」
人が五感の中でも一番情報を得ているのは視覚。
目から入ってくる情報で色々な判断や想像をしているのです。

人に関して言えば、肌が見えている面積よりも洋服を着ている面積の方が大きい。
つまり身に付ける物によって、相手に与えるイメージは大きく変わります。

身近な人が、着る服によって印象やイメージが変わるのを感じた事があるのでは無いでしょうか。

そしてもう一つは「自分に与える影響」
人は着る服によって、気持ちに変化が生じます。

職場の制服やスーツを着た瞬間に仕事モードになったり、和服を着ると動きが緩やかになったり、着る服によって心のスイッチが切り替わる経験はあると思います。

つまり装いによって、心に大きな影響を与えるのです。

皆さん、普段着る服はどのように選んでいますか?
大半の方は、自分の好きな服や似合う服を選んでいると思います。

自分の好きな服を着る事で、気持ちが上がりワクワクする。
これも重要な事なのですが、ここで少し新たな選び方を取り入れてみてください。

それは、「自分のなりたい姿に相応しい服を選ぶ」

例えば経営者になりたい方は、経営者らしい服を選ぶ。

一流のコンサルタントになりたければ、一流のコンサルタントらしい装いをする。

そうすれば、行動や言動が自然となりたい自分に近づいて行きます。

私自身も会社員時代から起業したいと思っていたので、経営者らしい服装を意識していました。
スーツは自分の体形に合う物を仕立て、ポケットチーフにも拘っていました。

中々、なりたい姿に相応しい服がイメージ出来ない方は、自分の憧れの人や目指す人を真似してみてください。
それは、著名人でも身近な方でも職場の先輩でも構いません。

そうする事で、少しづつ言動や行動にも変化が表れ、出会う人達も変わってくると思います。
是非、試してみてください。

【おまけ】
服装だけで無く、「自分のなりたい姿」をイメージし、訪れそうな場所にも足を運んでみてください。
例えば、経営者であれば、経営者が行くお店(飲食店、ショップ)や場所など。
行動する事で、感じる物や出会いが広がり、なりたい自分になる為のヒントが沢山あると思います。

次回、パーソナルブランド講座開催情報はこちら

関連記事

お問合わせ

Contact

どうぞ、お気軽にご相談ください。

サービスに関してのご相談・お申込みはこちらのメールフォームよりお送り下さい。
そもそも、パーソナルブランディングって何?といった質問などもお気軽にお問合わせください。

メールフォームへ

株式会社 ギフト・ブランディング
代表取締役 藤井 太一