コラム・ブログ

column

パーソナルブランディング,研修実績 ㈱西鉄ストア 労働組合執行部 渡邊隆太氏 2018.03.12

㈱西鉄ストア労働組合様 パーソナルブランド研修インタビュー1

株式会社西鉄ストア
労働組合 執行部
渡邊隆太氏

藤井)渡邊さん、本日はよろしくお願い致します。パーソナルブランド研修を終えて、約3週間経ちましたが、受講前と受講後で気持ちや行動の変化はありますか?
渡邊氏)はい。やる事が明確になったので、取捨選択が出来るようになりました。
例えば、当社では自由参加の研修があるのですが、受けるべき物と受ける必要が無い物を選ぶようになった。今までは何でも手を付けてインプットしようとしていましたが、自分が向かうべき方向が見えたので、取捨選択が明確に出来るようになりました。
後は本屋に行って、選ぶ本が明確になりました。迷わなくなった。自分に必要か否かの判断が直ぐに出来るので。

 

藤井)なるほど。その他にはありますか?
渡邊氏)自分の欲を理解出来ました。やりたい事を制限していたけど、制限しなくて良い事が理解出来た。それに自分のビジョンが鮮明になってきましたね。
不安も無くなりました。自分を持っていれば、他人の評価を気にしなくて良い事が分かったし、気にしなくなった。他人の目が気にならなくなりましたね。

藤井)では受講前に期待していた事はなんですか?
渡邊氏)組合執行部の立場としては、西鉄ストアは縦組織なので、自分の事を押さえつけて生きている人が多いと感じています。なので主体的に動くきっかけ作りになればと思っていました。
個人的には、自分の事や行動の意味、未来がはっきりすれば良いなと思っていました。

藤井)受講前の期待に対して結果はどうでしたか?
渡邊氏)組合執行部の期待に対しては、ちょっとはきっかけになったかなと思います。実際に身近に居た人間の行動が変わったのが見えたので。

藤井)具体的には、その方にどんな変化がありましたか?
渡邊氏)一人は、明るくなりました。もう一人は、自分の意思とは別に、結果としてリーダーの立場になった方なのですが、パーソナルブランド研修を受けてから、自発的に動いてリーダーシップを取るようになりました。恐らく自分のミッションが明確になったのでしょうね。

藤井)本来のパーソナルバンド研修が持つ価値が出ていますね。渡邊さんご自身としてはいかがでしたか?
渡邊氏)個人的には、思っていたより深かったです。深い自分を知る事が出来たし、それって「自分らしい」と思いました。

藤井)渡邊さんご自身の仕事の取組み方は変わりましたか?
渡邊氏)貢献したいと思うようになりました。
私は販促の仕事をしているので、店舗からの依頼でPOPやポスターを作る事があるのですが、今までは頼まれた仕事を作業としてやっていたけど、頼まれたなら良い物を作ってやろうという気になった。その結果、喜ばれたり、お礼を言われたりするようになりました。
言われた時に「お礼」ほど、嬉しい物は無いと思いましたね。
今後も頼まれた仕事には全力で返したいと思えるようになったし、お礼に感動するようになりました。明らかに質が変わったように思います。

藤井)パーソナルブランドはどんな所で活用出来ると思いますか?
渡邊氏)上司とのコミュニケーションに活用できると思います。自己理解を深める事で自分の価値観が明確になるし、人は皆違う価値観を持っている事も体感出来るので、この人は何を求めていて、どんな価値観を持っているかを考えるようになりました。
つまり相手の立場で物事が考えられるし、相手の価値観を受け入れられるようになると思います。

藤井)自分クレドを作って変わった事はありますか?
渡邊氏)私はラップが好きで、ラップを聞いている時に「ことば」を抜き出して意味を考えるようになりました。パーソナルブランド研修の中で出てきた、「言語化の重要性」を体感し、「ことば」に意識が行くようになりました。

藤井)パーソナルブランド研修の最大の価値は何だと思いますか?
渡邊氏)一言で言うと人生の転機。自分が理解出来て、未来が変わっていく。

藤井)最後に渡邊さんのクレドを教えてください。

ミッション(存在理由)⇒「笑顔の提供」

ビジョン(未来のありたい姿)⇒「企画で九州を笑顔にしたい」

バリュー(行動指針)⇒「前向き」「コトバで感動させたい」「ポジティブ」「人の立場」「ばかになる」「ユーモア」

藤井)ありがとうございました!

関連記事

お問合わせ

Contact

どうぞ、お気軽にご相談ください。

サービスに関してのご相談・お申込みはこちらのメールフォームよりお送り下さい。
そもそも、パーソナルブランディングって何?といった質問などもお気軽にお問合わせください。

メールフォームへ

株式会社 ギフト・ブランディング
代表取締役 藤井 太一