コラム・ブログ

column

パーソナルブランディング,研修実績 黒岩和行氏 2018.05.08

㈱西鉄ストア労働組合様 パーソナルブランド研修インタビュー3

㈱西鉄ストア レガネット城西店
黒岩和行氏

藤井)黒岩さん本日はよろしくお願い致します。まずは、現在のお仕事内容を教えてください。
黒岩氏)現在、私はレガネット城西店にてコンシェルジュをやっています。
具体的には、お店の部門担当者と一緒に旬の食材や、おすすめ商品をお客様へどのように伝えていくかを考え、POPの作成や接客を通して実際にお客様へご提案しています。

藤井)今回の研修では、どんな期待や目的を持って参加されましたか?
黒岩氏)私はコンシェルジュになって5年ですが、最初にコンシェルジュになりたいと思った動機と現在の仕事にギャップを感じたり不安がありました。
今回の研修を受ける事で自分を見つめ直し、原点に戻れるきっかけになればと思いました。

藤井)期待は達成されましたか?
黒岩氏)完璧に達成された訳ではありませんが、自分に軸が出来たので、前よりも迷わなくなりました。

藤井)受講前と受講後で気持ちや行動の変化はありましたか?受講前の状況と受講後の状況を詳しく教えてください。仕事の取組み方やプライベートなども含めて。
黒岩氏)自分のやっている事を人と比べなくなりました。
以前は、他の人はどうするんだろう?とか上司はどう思っているのか?を気にしていました。
ですが、今回の研修で自分に自信が持てるようになったので、人の事を気にしなくなりました。
後は取捨選択が出来るようになりました優先順位が付けられるようになったし、自分のクレドを見るようになった。
それにコミュニケーションにおいて、イライラしなくなった。相手と自分の価値観は違う事が身にしみて分かったので。

藤井)実際にクレドを作ってみた感想、もしくは変わった事はありますか?自分自身や周り、接し方や発言。身振り手振り行動などあれば教えてください。
黒岩氏)立ち戻れる場所が出来ました。研修を通じて自己理解を深める事で、コンシェルジュになりたいと思った頃の気持ちを思い出し、それをクレドにまとめられたのでクレドを見る度に思い出せるようになった。それが軸となり、その軸を意識するようになりました

後は手帳を開く事が増えました。手帳への書き込みをしながら、自分がクレドに書いた事とズレた行動をやっていないかを確認するようになった
今までは降ってくる業務をすべて受け入れていたけど、選択して必要性を確認するようになった。
それと無駄が見えるようになりました。結果としてやらないといけない事でも時間の使い方が変わりましたし、家族との時間も増えましたね。

藤井)パーソナルブランドの最大の価値は何だと思いますか?
黒岩氏)節目節目で見直す重要な物。何かの節目の際に自分を振り返り都度見直す事で次の行動に迷いが無くなる。

藤井)黒岩さんが得た物は何ですか?
私が得た物は自分に対する自信。自分はこう言う人間だと自信持って言えるようになったので、人が付いて来てくれるようになった。
私が今回、クレドに入れた言葉で「傾聴」があるのですが、今までは他の人から「この人はただ聞いているだけの人」だと思われているのでは無いかと自信が無かった。
でも今回の研修を通じて、自分が大切にしている事が、人の話を聞く「傾聴」であると理解出来たので、人にそれを伝えられるようになった。

藤井)パーソナルブランドは、どんな所、人、場面で活用できると思いますか?
黒岩氏)自分がやっている仕事に自信が持てなくなったり、迷った人に活用できる。
結果として迷っている時間が無くなると思います。

藤井)黒岩さんの自分クレドを教えてください。
黒岩氏)
はい。
”ビジョン(5年後のありたい姿)”
「年間100万円以上の貯金が出来る余裕がある生活」

”ミッション(存在理由)”
「みんなの和の中心」

”バリュー(価値観、行動指針)”
「笑顔」いつも笑顔で家族や仕事の仲間と接します。
「強調」コミュニケーションを良くとり、和を大切にします。
「傾聴」他人の話を良く聴きます。

藤井)この研修をどんな人に勧めたいと思いますか?
黒岩氏)自分に自信がない人。

藤井)今日はありがとうございました。今後の活躍を応援しています!

関連記事

お問合わせ

Contact

どうぞ、お気軽にご相談ください。

サービスに関してのご相談・お申込みはこちらのメールフォームよりお送り下さい。
そもそも、パーソナルブランディングって何?といった質問などもお気軽にお問合わせください。

メールフォームへ

株式会社 ギフト・ブランディング
代表取締役 藤井 太一